PR

初めての寝袋!寒がりな女子が選ぶ登山やキャンプにおすすめな3シーズン対応シュラフ!

アウトドア
ブログランキング・にほんブログ村へ

こんにちは!

最近は日中の気温も上がってきて、過ごしやすい日が増えてきましたね。

我が家では、そろそろGWの予定を考え始めています。

そこで、今年はキャンプをしたいという話になりました。

近年のキャンプブームもあり、そろそろ準備し始めている方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、初めて購入する方に向けて、寝袋をピックアップしてみました!

購入する際にぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

購入前に考えて欲しい事

使用する時期・使用したい場所

これすごく重要です!様々な寝袋(シュラフ)がありますが、これが決まってないと寝袋を購入できません。

ざっくりでもいいので、今後の展望を考えてみましょう!

例えば、

“夏に山でキャンプがしたい”、

“秋に紅葉を見ながら湖畔でキャンプしたい”、

“登山しているからゆくゆくは山でテント泊をしてみたい”などです。

なるべく具体的に考えると、自分にぴったりな寝袋(シュラフ)を選べますよ!

初めての寝袋におすすめなタイプ

初めての寝袋でおすすめなものは、春・夏・秋に使用できる3シーズン用です。

理由は、対応できる気温の幅が広いということです。

寝袋には、それぞれのメーカーで「快適使用温度」や「下限使用温度」という物が設定されています。

「快適使用温度」

一般的に代謝が低く寒さに対する耐性が低い人がリラックスした体勢で寒さを感じる事なく使用できる温度のこと

「下限使用温度」

代謝が高く寒さに対する耐性が高い人が寝袋(シュラフ)の中で丸まった状態で寒さを感じることなく使用できる温度のこと

使いたい場所の気温や、標高などを調べて、それに一番合う寝袋を探します。

仮に、夏用の寝袋を購入したとします。しかし、夏以外もキャンプがしたくなった時に、夏用の寝袋だと対応しきれないので、もう一つ購入する必要が出てきます。

3シーズン用の寝袋を購入していれば、夏であればファスナー等を開けて温度調整をすれば使用できますし、初冬の少し気温が低くなる時期でも服を着込んだり、カイロや湯たんぽなどを装備すれば、ある程度は使用できるものが多いです。

1つの寝袋で様々な状況下で利用できると、嬉しいですよね!

また冬に、使用したいという目的がある方は、冬用のシュラフの購入を検討して下さい!寒さは命に関わるのでしっかり気温に合わせた準備をしましょう!

寝袋の種類

寝袋の形、寝袋の中綿の材質で分けて紹介します。

形は、2種類に分かれています。

・封筒型・・・お布団を半分に畳んだような長方形

・マミー型・・・人の形に沿った形。足の方に向かって狭くなっている形。

ざっくり特徴を比較してみました。

寒がりな方は、マミー型の方をおすすめします。

封筒型でも頭の部分を覆ってくれる物も増えてきましたが、やはり肩の部分から冷えやすいというデメリットはあります。しかし、封筒型の寝袋同士を連結して使用したり、ファスナーを全部開けて掛け布団のように使用できたりメリットもあります。

利用シーンに合わせて決めましょう!

 封筒型  マミー型 
保温性
窮屈さ
寝返りの打ちやすさ✖️
重量

中綿の材質は大きく2種類です。

・化学繊維

・ダウン

化学繊維は、金額が安い傾向にあり購入しやすいですが、重量がダウンと比べると重いです。

またダウンは、軽量でコンパクトになるものが多いので、登山泊や、荷物を軽量化したい方に向いていると思います。

 化学繊維  ダウン 
 重量 
金額

各メーカーさんの開発努力で化繊でも温かいものはたくさんあります。

中綿の材質と寝袋の形の組み合わせも様々です。

キャンプをするとなると他の道具も必要なので、どれくらい費用を当てれるかも考えておきましょう。

おすすめのモデル

タイトルにもあるように、寒がりな私がおすすめする寝袋を紹介していきます。

(寒がりのため、マミー型を選んでいます。ご了承下さい(・・;))

また適応温度を調べるテストを各社行っていますが、今回紹介するものは、欧州規格の「ヨーロピアン・ノーム」を採用しているものをピックアップしています。

ヨーロピアン・ノームとは?

 EU諸国における統一規格として制定されている規格の総称のこと。

「ヨーロピアン・スタンダード」とも言われる。

スリーピングバックに関する温度表記については、EN 13537で算出が定義されている。

検査は認定された第三者機関が行う公平なもの。

NANGA公式HPより引用

それぞれのメーカーで検査方法が統一されているわけではないので注意です!!

格安のものの中には、素晴らしいものもありますが、記載されている温度に耐えれないものもあります。せっかく購入するなら、失敗したくない!とお考えの方には、この規格は一つの判断材料になるのではないでしょうか?

では、中綿の材料別に紹介していこうと思います。

【ダウン】

モンベル  シームレスダウンハガー800 Women’#3

 

価格:31,900円(税込)

重量:532g

カラー:ターコイズ

展開サイズ:173cmまで対応

収納サイズ:φ13×25cm

快適温度:4℃

使用下限温度:−1℃

表地:10デニール・バリスティック エアライト ナイロン・アフタ(撥水加工有)

裏地:表地と同じ

中綿:800FP EXダウン

ISUKA   ダウンプラス ポカラX

価格:31,900円(税込)

重量:1060g

カラー:ブリック

展開サイズ:78×208cm

収納サイズ:φ17×34cm

使用下限温度:−6℃

表地:ポリエステル(撥水性能あり)

裏地:ポリエステル

中綿:ダウン 720FP (500g)

NANGA オーロラライト450DX ショート(165cmまで)

価格:45,100円(税込)

重量:865g

カラー:レッド

展開サイズ:80×203cm

収納サイズ:φ14×30cm

快適温度:0℃

使用下限温度:−5℃

表地:オーロラテックス

裏地:40dnナイロンタフタ

中綿:スパニッシュダックダウン 760FP

【化学繊維】

モンベル シームレス バロウバッグ #3

価格:15,950円(税込)

重量:963g

カラー:ブルーグリーン(BASM)、レッド(SURD)

展開サイズ:183cmまで対応 

収納サイズ:∅17×34cm

快適温度:5℃

使用下限温度:0℃

表地:30デニール・スーパーマルチ・ポリエステル・タフタ[はっ水加工]

裏地:30デニール・スーパーマルチ・ポリエステル・タフタ

中綿:エクセロフト

mont-bell公式HPより 

ISUKA アルファライト 700X

価格:18,700円(税込)

重量:1300g

カラー:インディゴ

展開サイズ:81×203cm

収納サイズ:φ19×35cm

使用下限温度:−6℃

表地・裏地:ポリエステル

中綿:700g(Micro Lite)

【ダウンと化繊両方】

ワークマン フュージョンダウンシュラフ 

価格:7800円(税込)

重量:約1kg

カラー:ブラック・グリーン

展開サイズ:220×70

収納サイズ:円柱状 36×φ17cm

快適温度:4℃

使用下限温度:−1℃

表地・裏地:ナイロン

中綿:ダウン:45%

   ポリエステル:40%

   アクリル:10%

   フェザー:5%

*ワークマンHPより購入できます。ネット販売のみです!

まとめ

全6種類の寝袋の紹介をしました。

各メーカーさんの努力で、様々な寝袋が出てきています。

これから、道具を揃えてアウトドアを楽しみたいとお考えの方は、他の道具も購入する必要があるので、お財布とよく相談して自分に合った寝袋を選んで下さいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

ではまた🙋‍♀️

このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。

消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作していますのでご安心ください。

問題のある表現が見つかりましたらお問い合わせよりご一報いただけたら幸いです。

アウトドア
スポンサーリンク
Follow Me!
ブログランキング・にほんブログ村へ
のこのこ日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました